サボテン、メセン(群仙園さんのリトープス・コノフィツム)多肉植物(エケベリア・セダムetc...)多肉植物の寄せ植え、工場のおじいさんと一緒に企画している木箱や鉄の入れ物、、、ガーデニング用品、等々、、、毎日の暮らしを楽しくする 植物や古い雑貨の販売をしています。(卸もしております)

 

ホーム | 【植物】 リト―プス > 書籍Kaktusy’2021年特別号Vol.2
商品詳細

Kaktusy’2021年特別号Vol.2[Kaktusy’2021-2]

ご注文の際 送料は加算されていません。

先に自動送信の注文メールが届いた後

”注文内容のご案内”タイトルのメールを

返信しますので よろしくお願い致します。

*ご案内前に間違ってご入金の際は追加で送料を入金して頂きます。

 

----------------------------------------

チェコ多肉植物協会発行の‘Kaktusy2021年特別号Vol.2

小冊子はA5判、52ページフルカラー。Part1Keith Green氏、

Part2を島田典彦氏、序文等をPetr Pavelka氏が担当し、

Lithopsの栽培変種’の特集号となっています。

内容はLithops栽培変種の捉え方やこれまでの栽培変種や

新しい栽培変種の紹介等で、写真が約150枚使用されており

カラフルな仕上がりになっています。

 

イギリス人のKeith Green氏は、ウェブサイト‘SCRAPBOOKLITHOPS’を運営し、

国際植物命名法と栽培植物の国際命名規範によって定められた規則を基準に

Lithopsの栽培変種に立法的な立場で関わっているLithopsの愛好家の一人です。

一方、島田典彦氏は、栽培者の立場でLithopsの原種の維持や新しい栽培変種の育種に取り組み、

その栽培変種を確立させるまでの起源などの多くのデータの蓄積を行っている

Lithops愛好家の一人です。

立場の異なるLithops界のリーダー二人をチェコのPetr Pavelka 氏がコラボした

チェコから発信された貴重な小冊子が‘Kaktusy’特別号です。

ちなみに、Petr Pavelka 氏は、多肉サボテンの販売業界では世界ナンバーワンとも言われており、

また、新種や新品種の発表でも優れた功績があり、Lithopsではキスキーグラナット、

Conoではクビクムやハナエを発見記載した人物としても有名です。

 

また、サボテン・多肉植物の書籍の販売サイトで有名なアメリカの下記のサイトを参考にしてください。

https://exoticplantbooks.com/detail/?product_id=1177

チェコの多肉植物協会は

cs-kaktusy

です。

 

 

 

 

他の写真